前代未聞!3Dプリンタで自動小銃が出来た!

gigamen_3DPrinted_Semi_Automatic_Rifle

自動小銃マニアが、3Dプリンタで自動小銃の部品を製造し市販の拳銃キットと組み合わせる事で本物と同じ性能を誇る「3Dプリンタで製造した自動小銃AR-15」を発表した事が話題となっています。

3Dプリンタで製造したのはAR-15のレシーバー部分。材質はABSと呼ばれる樹脂で、このレシーバー部に市販のキットを組み込むことでAR-15 を完成させました。本当に打てるのか、ABSが発射の衝撃に耐えることができるのかが焦点でしたが、問題なく発射することが出来た上に、200発の発射に耐えることができたのです。

この事が世界に伝わり、波紋が広がっています。3Dプリンタがあれば誰でも拳銃を作る事が出来てしまうからです。しかも製造者は製造方法を全てネットで公開しており、現在のところ3Dプリンタと拳銃キットがあれば誰でも自動小銃を作成できる状況です。

日本では大丈夫と思っていても何らかのルートで拳銃キットを手に入れることが出来れば簡単に作る事が出来ます。一人の男の遊び心から生まれた3Dプリンタで製造した自動小銃AR-15は、思わぬ形で波紋が広がっているのです。日本で拳銃キットはきっと手に入らないと信じましょう。