アキュラMDX 「Aスペック」デビュー完成

2075
未定 詳細なし

MDXの魅力を広げる「Aスペック」

2018年のニューヨーク国際自動車ショーで驚きのデビューをした。「Aスペック」はアキュラ車をベースに、内外装をスポーティに仕上げたカスタマイズ仕様。そしてアキュラはこのAスペックをアキュラ主要モデル全車に拡大設定する計画です。アキュラMDXAスペック」もロープロファイルの265シリーズタイヤで包まれたより大きな「シャークグレー」 と呼ぶ10スポークの20インチアルミホイールによって強調されたよりスポーツ的なスタンスを特徴とします。また、ヘッドライトやフロントグリル、窓回り、リアスポイラーには、グロスブラック&ダーククロームの装飾を施しています。

インテリアには、ブラックアルカンターラにスポーツシート、スポーツペダル、カーボン調パネル、パドルシフト付きステアリングホイールなども装備されている。

すべてのMDXと同様「Aスペック」は、高度な安全性とドライバー補助技術を標準装備しています。これにはレーンキープアシスト(LKAS)、適応クルーズコントロール(ACC)、低速追従とロードディザスタリリーフ(RDM)。さらに、すべてのMDXモデルには標準のApple CarPlay™とAndroid Auto™の統合が含まれています。2019 MDX A-スペックは、オハイオ州のホンダのイーストリバティ工場で生産されます。

参照元:Acura

この記事をシェア
0 0
記事のタグ