今でも注文可!デジタル名刺にもなる財布紛失防止トラッカーが爆発的人気

4009
31スイス・フラン(約5000円)~詳細ページ

iPhoneユーザーなら財布の中に入れておきたいアイテムです。スイス発、クレジットカードサイズの紛失防止トラッカー兼デジタル名刺「AirCard」の先行販売プロジェクトが今夏、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で1万8770人から支援を集め、成立しました。

財布が手元を離れたら通知が入る仕組みも

厚さ2.2mmの「AirCard」を財布に入れておけば、落とした財布が戻ってくる可能性が高まります。Appleの「探す」アプリを開けば、世界中どこにいても、財布の現在地が地図上に表示されます。財布に近づいたら、トラッカーから105dbの大音量を鳴らさせ、取り戻しましょう。

財布紛失のリスクを減らす対策として、トラッカーとApple製デバイスが一定の距離離れたら、通知で知らせる便利な機能にも対応しています。

Androidユーザーは追跡機能が使えない

「AirCard」はデジタル名刺としても使えます。NFCタグ内蔵なので、相手のスマホにかざしてもらうと、名前、職業、連絡先が表示されます。もし落としてしまっても、誰かが表面のQRコードを読み取れば、「落とし物です。お礼は…」というメッセージと連絡先が表示される優れものです。

Androidユーザーであれば財布紛失防止トラッカーとしては使えないデジタル名刺。その先行販売プロジェクトは7月下旬現在、「Indiegogo」で公開されています。ちなみにトラッカーのバッテリーは2年半しか持続せず、その後は5割引きのクーポンで再購入する必要があります。

<参考元>Kickstarter

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ