おしゃれはひげから ひげ専用オイルベスト6

8611
未定 詳細なし

あごひげ、口ひげ、無精ひげ。「ひげ」はただの「ひげ」・・・でしかなかったのに、今では市場に多くのメンズコスメが溢れかえっていて、ベアードオイル、いわゆる「ひげ専用のオイル」まで販売されています。

最近では街だけではなく職場でも多くの男性がひげを生やしているのをよく見かけるようになりました。ひげも今や立派なおしゃれの一部。

「君のひげ、スタイリングばっちりだね」

「どこのひげシャンプー使ってるの?」

「サロンで〇〇のひげオイルすすめられてさー」

な~んて女性の間では日常的な会話が今では男性の間でも当たり前のように交わされているんでしょう(たぶん)。

そこで今回はあなたのご自慢のひげにぴったりなオイル6選、良い点・悪い点をあげながらご紹介しましょう。

1. LEVEN ROSEのBEARD OIL(ベアードオイル)

良い点:香料なし

悪い点:効果が現れるのが遅い

ローズの名に似合わず香りがないベアードオイル。鼻の真下から放たれるつーんとした香料のにおいはご勘弁という殿方も多いのでは。オーガニックオイルを利用してつくられたこのオイルは全く香りがないので、自分の自然なひげの香り(?)を保ちつつひげをトリートメント。

ゴールデンホホバオイル、モロッカンアルガンオイルなど自然な成分のみ使用されているので、はっきりとした効果が現れるのは10日間続けて使用してから。10日後には柔らかく扱いやすいひげに大変身。

gigamen_Best_Beard_Oils01

2. THE BEARDED BASTARDのWOODSMAN BEARD OIL(ウッズマン・ベアードオイル)

良い点:かためのひげとの相性バッチリ

悪い点:かなりヘビーなテクスチャ

ガーリーなオイルは嫌、という男性にはこのオイルがおすすめ。アウトドア派にもってこいの男らしいオイルです。

でも、サフラワー、ホホバ、グレープシード、アーモンド、アルガン、キャスター、そしてオリーブオイルがミックスされたこのオイルは、ガーリーなオイルよりもしっかり保湿を意識した内容となっています。

スパイキーでまとまりのないひげを柔らかく落ち着かせて、同時にドライなお肌もしっとり。ウッディ―な香りでアウトドア気分も間違いなくUP。

gigamen_Best_Beard_Oils02

3. BEARDBRANDのSPICED CITRUS OIL(スパイスシトラスオイル)

良い点:落ち着きと輝きをゲット

悪い点:軽すぎるテキスチャ

効果がすぐに現れるので、無精で「もうはやく今すぐどうにかしてくれ」という人にはうってつけのオイルです。ホホバ、アーモンド、カスター、グレープシードオイルがミックスされたこのスパイスシトラスオイル、つけた直後から浸透して保湿効果がはっきりと分かります。

ほのかなシトラス、バニラ、グレープフルーツなどの香りでキツすぎないのでオフィス使いもOK。肌の痒みを和らげる効果も。でもまとまりのないひげを落ち着かせる効果は低いので、剛毛やくせ毛の人には向かないかも。

gigamen_Best_Beard_Oils03

4. YÜLI SKINCAREのMR. INCREDIBLE(ミスター・インクレディブル)

良い点:効き目の高い殺菌成分入り

悪い点:強めの香り

臭いを吸収しやすいかたくて強いひげ。外出先での嫌な臭いが服や髪についてしまうのはひげにも言えること。ミスター・インクレディブルは、その強い香りで外部の臭いをシャットアウト。香りは確かに強めだけれども、嫌味で鼻をつく香りでもないかな?

ブラックカラーリリー、チャンパカ(金香木)、サンダルウッドの香りで、ややフローラル。でもしっかり男の香りに仕上がっています。オイル自体の成分はグレープシード、ホホバ、アルガンで、保湿力抜群、コンディション効果もあります。

gigamen_Best_Beard_Oils04

5. PROSPECTOR CO.のBURROUGHS(バローズ)

良い点:厚めのひげにもしっかり浸透

悪い点:短めのひげや無精ひげにはややヘビーなテキスチャ

バローズオイルはひげだけではなく、ひげの根元の肌のことも考えて開発されたオイルです。痒みを和らげたり、吹き出物を少なくしたり、暑い時期にひげを剃ろうと思い立った時にみっともなくないよう肌を整えたりと、至れり尽くせりな商品。

他のオイル同様、定番成分のホホバ、アルガン、グレープシードをベースにククイナッツ、サンダルウッド、パイン、シーダー、そしてフランキンセンス(乳香)やミルラ(樹脂)も含まれています。肌はフレッシュ爽快、ひげは豊かに。

これでお気に入りの彼女が至近距離にいても堂々としていられますね。ひげが薄い人や無精ひげの人には、オイリーなわけではないけれどもちょっとヘビーに感じるかも。ひげ、ひげの根本、肌まで深~く浸透するので、ひげ一本一本が柔らかく滑らかなさわり心地に。

gigamen_Best_Beard_Oils05

6. BLACKBIRDのBEARD OIL(ベアードオイル)

良い点:ひげ本来のカラーを引き出してくれる

悪い点:変わった香り

ひげが薄くて悩んでいる人に朗報。立派なひげをたくわえて注目を浴びてみたいなぁ、と思ったらBLACKBIRDのベアードオイルをお試しあれ。こてこてにオイルを塗りまくらなくてもひげに適度なボリュームを与えることが可能なのがこのオイル。

濃縮アルガンオイルにグレープシードを加えてつくられたこのベアードオイルは、しっかり浸透して長持ちします。毛穴のつまりもなく、つけ心地は軽くてブラシで簡単に梳けるので手がべたつくこともなし。

インク、紙、そしてタバコの香りが混ざったやわらかいアロマは、ウォーターゲート事件を取り上げたウッドワードとバーンスタインが活躍した新聞社を回想させる香りです。

他のオイルと比較するとちょっとお高く感じるけれども、1滴でも十分な浸透力があるので他のブランドのオイルよりコストパフォーマンスは良いかも。

gigamen_Best_Beard_Oils06

男性のひげの艶、柔らかさ、ひげ剃り後の肌のきめ細かさ・・・などといわれても女性の髪と違ってなかなか他人の目には分かりにくいもの。でも今の時代、分かりにくくて微妙な部分を気にする人こそが本当のおしゃれさんです(たぶん)。

これからは周りの男性のひげにぜひ注目してみて。スーツでもなくシューズでもなくネクタイでもなく、ひげの状態を見ることでその人の本当のオシャレ度が分かるかも?

参照元:HiConsumption

この記事をシェア
0 0
記事のタグ