開放感と爽快感を通勤時間に得るために

1419

「通勤電車の大混雑はもう嫌」という人は試しに読んでみていただきたい。私は東京メトロの東西線で一時期通っていたが、何度心の中で「もう嫌」を連呼したことか。大手町に着いていい頃合いの時間、たいがい門前仲町あたりで心が折れていた。

ラッシュ時の都心行きは困難ばかり。とはいえ自動車での通勤も渋滞の恐れが。しかもガソリン代もかさむ。「それならば」と自転車通勤に切り替えている人が、健康志向と相まって、最近増えている印象だ。

今回紹介する『ブルースカイバイク(BlueSkyBike)』は、都心を快適に走行する目的で製作された電動自転車。開放感、爽快感。満員電車では得られないものが手に入る。快適な走行は、後輪のインホイールモーター(Hub motor)がアシストしてくれる。バッテリー残量が気になれば、ハンドルに備え付けのスマートフォンで確認すればいい。

「混雑した電車はもう嫌」と豪州シドニー在住のリチャード・ヒースが手掛けた『ブルースカイバイク(BlueSkyBike)』。魅力的なのはコンセプトやポップなデザインだけではない。折り畳みも簡単だ。かごを取りつけられる点も有難い。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ