「なにそれオシャレ」と言われること間違いなし!DIYフットウェアPikkpack

1940

以前GIGAMEN上でご紹介したミニマリストにぴったりのハンガー「CLING」のように、現代はシンプル、ナチュラル、ミニマルな商品がオシャレとされる時代。またまたシンプル+斬新な商品の登場です!

gigamen_Pikkpack01

自分で組み立てるシューズ、DIYフットウェアのPikkpack

まさかシューズを自分で組み立てるキットとは。シューズというとなんだか難しい構造でDIYと気軽に言われても自分にできるかどうか・・・。

大丈夫です。DIYフットウェアの「Pikkpack」なら、裁縫苦手、クラフト苦手という人でも、誰でも簡単に作れます。

以下がPikkpackキットに含まれます。

・レザー製のシューズ部分 1足分(フラットになった状態で届きます)

・シューレース 2セット分(お好みのカラーを選択できます)

・作り方の説明書

・コットンキャンバスバッグ(持ち運びラクラク)

gigamen_Pikkpack02

カラーバリエーション豊富でソールとの組み合わせは無限大!

マットなブラックのシューズ部分だけを見ているとなんだかシンプルすぎて物足りないなぁと思いますが、なるほど、シューレースがポイントだったんですね。

シューレースのカラーバリエーションは豊富で、シングルカラーだけではなくストライプ地のものも用意されているので、左右違った色やパターンで組み立てたりすることで自分らしさをアピールできるというわけです。

ソール部分の素材とカラーも選択できます。レザーソールはスキンカラーのみですが、ラバーソールを選択した場合はブラック、イエロー、ブルーとオシャレ感倍増!

ソールはイエローにしてシューレースはグリーンでブラジル風、ブラックとイエローの組み合わせでタイガース風、といろいろと楽しめます。

カラーの組み合わせでこんなに楽しめるのにシンプルさミニマルさは保っているのは、Pikkpackの考えぬかれたデザインによるものが大きいでしょう。

またPikkpackはエコ商品でもあります。自然素材が使われていたり、材料や道具が少なくてすむのもエコですよね。

素材はレザーに加え硬質プラスチックのポリプロピレンも含まれているので、耐薬性、耐アルカリ性、耐熱性、耐冷性の面で優れています。速乾性の素材でもあるので、真夏の外出にもピッタリですね。

Pikkpackの登場で、これまでのように服に合わせてシューズを選ぶのではなく、シューズに合わせて服を選ぶのが通!ってことになるかもしれません。

DIYフットウェアPikkpackは1セット99ドルにてこちらで絶賛発売中です。

参照元:Yanko Design, Pikkpack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ