ボールとマークを触ると時間が分かる腕時計の新作登場 表面の交換が可能に

2262
375ドル(約4万3000円)詳細ページ

米国の腕時計メーカー、Eoneは2021年11月、視覚でも触覚でも時間が分かる腕時計の新シリーズ、立体的なアワーマーク(棒・点状の目盛り)部分を交換できる「Switch」の先行販売キャンペーンを米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で成立させました。

目の不自由な人を含むみんながお洒落な腕時計を選べる

Eoneの腕時計は独創的でお洒落なデザインになっています。文字板部分は見慣れた円形ですが、ケース側面と文字板中央にレールがあり、その上を小さなボールがぐるぐる回っています。ケース側面を回るボールは時針、文字板中央を回るボールは分針に相当するので、腕時計を見なくても、また腕時計が見えなくても、ボールと立体的なアワーマークを触れば時間が分かります。

なぜEoneは針も液晶パネルもない、レールとボールとアワーマークからなる構造を採用しているのでしょうか。そこには目の不自由な人、視覚障害の人を含むみんなが時間を知りたい時に知れるように、そしてみんながお洒落な腕時計を選べるようにという願いが込められています。目の不自由な人用の腕時計は現状、時間を音声で知らせるタイプなどに限られています。

腕時計のデザインを気分に応じてカスタマイズできる

Eoneの新シリーズ「Switch」の特長は文字板中央のレールと文字板の縁の間にあるアワーマーク部分(リング)を交換できるようになったことです。リングは12本のアワーマークを配したクラシックタイプ、美しい模様のサンフラワータイプの2枚が付属しており、腕時計のデザインを気分に応じてカスタマイズできるようになりました。リングは少しひねるだけで簡単に取り替えられます。

「Switch」の先行販売キャンペーンは最終的に329人から9万8845ドル(約1130万円)を調達しました。スケジュール通りに支援者に届けられることを期待したいところです。みんなが使える、独創的でお洒落な腕時計に興味がある方はeone公式サイトへ。ちなみに腕時計は電池で動くオーソドックスなタイプです。

<参考元>KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ