Fiat500にフェラーリV8エンジン搭載?

1972
約4000万円詳細ページ

つぶらなヘッドライトと丸みを帯びたボディからイタリアンコンパクトとも称される「フィアット500」。日本での発売発表の際にはルパン三世の作者モンキーパンチさんがルパンと同じ赤いジャケットで乗車して話題となりました。

最高速度はメーカー発表で160km/h。少々物足りないところですが、イタリアのデザインメーカー「Lazzarini Design」がそんな物足りなさを打破すべく驚きの計画を発表しました。なんとイタリアンコンパクト・フィアット500にあのフェラーリV8エンジンをバックシートに載せてしまおう!という計画です。

もちろんそのまま搭載することはできませんので、最高出力を578psから558psへと落とし、 ホイールベースを約30センチ引き伸ばすとしています。カラーリングも特別仕様のブルーが登場する予定です。

イタリアンコンパクトとイタリアの暴れ馬が融合すると言う何とも異色のコラボレーション。実現に向けてLazzarini Designでは出資者を募集中です。資金が調達できれば、約4000万円で販売する予定なようです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ