声かけと思いやりが大切!気持ちよい飛行機旅の秘訣を一挙紹介

1233

飛行機で他の乗客に嫌な思いをさせられた、あるいは嫌な思いをさせた経験はありませんか。フィンランドのヘルシンキ空港を運営するフィナビアは今夏、エチケットトレーナーのカーリナ・スオンペラさんが教える「気持ちのよい飛行機旅の秘訣」を自社サイトで紹介しています。

「私のアームレストが取り付けられていないので」。

秘訣その1は「柔軟になる。場所を提供する。雑談をする」。飛行機旅では皆が多少の不便を覚悟する必要があります。通路側と窓側の席の人は真ん中の人にアームレストを譲るのが暗黙の了解のようです。通路側か窓側の人がアームレストを使っている場合、スオンペラさんは「すいません、私のアームレストが取り付けられていないみたいで」などと声をかけることを提案しています。

秘訣その2は「異なる言語での『すいません』の言い方を覚える」。窓側の席からトイレに行こうと通路に出る時、通路側の席の人に「すいません」、あるいは「Excuse me」「I’m sorry」と一言かけると、声をかけられた人も「気を遣ってくれてありがたい」とよい気持ちになるでしょう。隣の席の人が寝ている時の対処法はエチケットトレーナーによると「肩を優しく叩いて一言謝る」。

搭乗前の喫煙、機内で靴を脱ぐことは避けるべし。

秘訣その3は「においを抑える」。公共の場所での香水や一部の整髪料の強烈なにおいは、香りに敏感な人にはとても厄介なので、身動きが取りづらい機内で香りをまとうことには細心の注意を払うべきでしょう。スオンペラさんは搭乗前の喫煙を控えること、フライト中に靴を脱がないことも勧めています。

秘訣その4は「アルコールに注意する」。機内で大量のお酒を飲む人は周囲に不快感を与える可能性がありますが、エチケットトレーナーは飛行機旅に対する恐怖をお酒で紛らわせている人がいると指摘しています。「もしかしたらこの人は空の旅が苦手なのかな?」と感じたら、その人に話しかけて雑談してみるのもアリ。

飛行機旅の秘訣は機内以外の場所でも役に立つはず。

秘訣その5は「リラックスしてフライトを楽しむ」。着心地の良い服を身に付け、自分が好きな本や音楽を聴けば、パーソナルスペースが制限される機内でもリラックスして過ごせます。隣の席の人がゆっくり休みたい雰囲気を醸し出していたら、ノートPCなどを使った音が出る作業は控え、静かに楽しく過ごせる方法を探してみましょう。

空の旅はどうしても自分のスペースが制限されるので、神経質になりがちです。そこで役立つのが良いマナーと和やかな態度。ヘルシンキ空港を運営するフィナビアが今回紹介した「気持ちのよい飛行機旅の秘訣」を実践する人が増えれば、空の旅で嫌な思いをする人は減るでしょう。機内以外でも役に立ちそうな情報が詰まったこの記事をシェアしてもらえたら嬉しいです。

参照元:FINVIA

この記事をシェア
0 0
記事のタグ