いつでもどこでも火がつくデバイスがピンチを救う!

8283

火災調査官・紅蓮次郎さんはタバコの不始末から来る火災で妻を失い、火を弄ぶ人間が大嫌いになりました。火はまさに諸刃の剣で人間を死に至らしめることもありますが、人間にとっては無くてはならないものである事は皆さんご存知のとおりです。

停電や災害時、寒い体を暖め、調理を可能にするのも火です。いつでもどこでも火がつくデバイスを弄ぶ事は許されませんが、ピンチの時に救ってくれるのも火なのです。そこで登場するのが「Firestar Fire Piston (ファイヤースターファイヤーピストン)」。この虫眼鏡のようなデバイスが、いつでもどこでもあなたに火を与えます。

Firestar Fire Piston (ファイヤースターファイヤーピストン)の使用方法については、動画をご覧頂ければ一目瞭然です。古代の人間が木を摩擦の力で火を起こしたのと同じ要領で火を起こしています。温故知新のデバイスと言えるでしょう。

くれぐれもFirestar Fire Piston (ファイヤースターファイヤーピストン)で火を弄ぶのは止めてください。紅蓮次郎に「火元はお前だ!」と怒鳴られてしまいます。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ