モスクワ池

919

7月13日、ロシア・モスクワのとある場所のいつもの光景。

激しい夕立が過ぎたた後には、道路は冠水し車は水没、消防隊も出動。しかし近隣の住民はもう慣れっこになっているのか、携帯片手に水の中をジャブジャブ歩く女性をはじめ、普通に街を行き交う人々が。

水がひいた道路は、ところどころにひび割れができ、アスファルト舗装がはがれてしまっているのも確認できる。

1728年のこの日、ロシアの探検家ベーリングがカムチャッカ半島から北に向かいアジアとアメリカが陸続きでないのを確認する冒険に出た。このモスクワの池を航海する人々が発見するものがなんであるのか、気になる。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ