自宅にて結果は15分後! HIV検査スマホアクセサリー

1750
未定 詳細なし

先進国で唯一エイズ患者の増える国が日本。保健所などで匿名のエイズ検査が受けられるとはいえ、「もしかして」と思って即検査に出向けるような行動力のある人は少数。たとえ検査キットが手元にあったとしても、郵送に時間がかかってしまう。そうやって、自宅で悩みに悩んでいる感染者はきっと日本に何万人もいるはず。

スマホ医療テクノロジーはここまできたか!革命的発明

誰にも知られずプライベートで行いたい、しかし生死にかかわる問題なので結果はできるだけ早く知りたい。そんな声を反映し、自宅でHIV検査ができるスマホの小型アクセサリーが発明された。しかもそれだと15分で結果がわかり、作成にかかった費用はたった34ドルだという。

gigamen_Gadget_Detect_HIV01

通常のテストと同じ精度

コロンビア大学の研究者、ティファニー・グオ氏とタサニーワン・ラカサナソピン氏によってデザインされたこのアクセサリーにまだ名前はない。しかし、指から血液を少量採取するだけのこのスマホ装着型ツールには、ルワンダでの臨床実験にて通常のツールと同じ精度が確認されたのである。

現在両氏はWHOからの規制当局の承認を待っている最中。必要な酵素結合免疫吸着の機械的、工学的、 電子的な機能性はスマホからすべて供給可能。梅毒検査も可能だといい、今後のAIDS、STD対策には不可欠なものになるに違いない。

参照元:News Discovery

この記事をシェア
0 0
記事のタグ