スター・ウォーズに欠かせない白い歩兵、女体化してみました。

600
3カナダドル(約270円)~詳細ページ

ハーフトップを着たナイスバディな女性とスター・ウォーズに欠かせない白い歩兵「ストームトルーパー」。二つを掛け合わせて生まれた『レディ・トルーパー』がプリントされたステッカーとTシャツの製品化プロジェクトが12月上旬、米国のクラウドファンディングサイトで公開されました。

巨乳のストームトルーパー、身体には花のタトゥーが。

『レディ・トルーパー』はカナダ・モントリオール在住の画家、Dadaさんが黒インクで描いた作品です。白いバケツ型のヘルメットと装甲服を着用するストームトルーパーが女体化され、ヘルメットはそのままに、ハーフトップが豊かな胸を強調し、身体に彫られた花のタトゥーが少々危険な雰囲気を醸し出しています。

『レディ・トルーパー』の製品化プロジェクトは12月14日現在、クラウドファンディングサイトのキックスターターで支援を募っています。支援者への報酬は、ステッカーセット(約900円)、Tシャツ(約2200円)などが用意されています。誰ともかぶらないデザインのTシャツを手に入れるには、海外のクラウドファンディングサイトにアクセスするのも手です。

 Dadaさんのインスタ、日本人に馴染み深い作品が多数。

今回は『レディ・トルーパー』を取り上げましたが、GIGAMENでは「スター・ウォーズなどのオタクが集まる酒場、ハリウッドで営業中」といった記事も公開中です。Dadaさんのインスタグラム(@dada16808)と合わせてチェックしてみてください。「ドラゴンボール」の孫悟空に「ウォーリーをさがせ!」のウォーリーの格好をさせた作品などがアップされています。

Dataさん インスタグラム https://www.instagram.com/dada16808/

参照元:KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ