【動画】テーブルが回転する時、テーブルに何かが起きる

2672

今、日本は回転ブームである。回転ブームの中でも最も人気があるのが「回転寿司」だ。某イチローみたいな名前の回転寿司屋やびっくらポンがウリの寿司屋、そして河童さんの寿司屋などの100円寿司から高級志向で注文すると「がってん承知!」と承知してくれる回転寿司屋さんなど、とにかく人気が高い。私の家のまわりにも最近回転寿司屋が出来たのだが、有り得ないほど混雑していた挙句、渋滞まで引き起こしていた。

ロシアでも「回転」がブームとなっている。回転すると大きさが変わるテーブル「Fletcher Capstan Table (フレッチャーキャプスタンテーブル)」である。Fletcher Capstan Tableを回転させると、内部の歯車がグイングインと回って大きさが変わるのだ。これはなかなか壮観である。食べ物を上に置いたまま回転させれば、歯車フーズである。

もちろんデザインもモダンで、アンティークとしても十分である。動画を見ると、実際に回転して大きさが変わっていることがわかる。決して嘘ではない。料理を作りすぎて、テーブルが手狭になってきたら、回転させて広げればいいのだ。非常によく考えられたテーブルである。Fletcher Capstan Tableは折れることは、絶対にないから安心してほしい。プーチーンと折れることはない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ