新習慣!毎日のピーナッツが健康にもたらす効果とは

1852
未定 詳細なし

私たち人類の先祖は木の実を食べて進化をしてきました。現在も身近な食材の一つですが、オランダ・マーストリヒト大学で1986年から長きに渡る研究の結果、ピーナッツを含む木の実系ナッツ類に秘めたるパワーがあることが判明しました。

毎日10グラムのナッツが健康への鍵

ビタミンや食物繊維など多くの栄養素を含んでいるナッツ類。1日10グラム食べることでぜんそくや肺気腫、認知症、さらには糖尿病や癌、心臓発作や脳卒中など様々な疾患のリスクが減ると分かりました。

効果に男女差は無く、ピーナッツでも樹木に実る木の実系ナッツ(アーモンド、クルミなど)と同じ効果が得られたといいます。

gigamen_Nuts_prevent_early_death01

食べすぎは要注意!

いくら健康に良いとはいえ、食べるほど効果が上がるワケではないそう。食べ始めたら手が止まらない!お酒が進んでしまう!なんて人は注意。1日10~15グラム、片手に乗るくらいの量がベスト。

またピーナッツバターは効果が無いとのこと。塩分や油分も多く含むため、ピーナッツの本来の有効成分を消してしまうんだとか。

「太りそう」「ニキビができる」などマイナスイメージが持たれがちなナッツ類ですが、少量で体に良い食物となると進んで取り入れたいですね。手軽なおやつとしていかがでしょうか。

参照元:Daily Mail UK

この記事をシェア
0 0
記事のタグ