マイナーっぽいがピーナツバターが地味に体に効く

4548
未定 詳細なし

いきなりだが、ピーナツバターは「どことなく距離感がある」食べ物ではないだろうか?なんというか洋画の食卓シーンに出てくる的なイメージ。ではなぜ今回、そんなピーナツバターを推すのか!?

gigamen_Peanut_Butters01

体に不可欠な栄養素を含んでいる

ピーナツバターには、普段なかなか摂取しにくい良質の栄養素がたっぷりと含まれているのだ。その一つとして繊維質を多く含むため腸を整える効果があるという。だが注目すべきは不飽和脂肪とたんぱく質を豊富に含んでいる点。以下にそれぞれの主な役割をあげてみる。

【不飽和脂肪酸】血液中のコレステロール値や中性脂肪の調整をすると言われている。またつまりよい脂質なのである。また脳神経などの活性化にも効果があると言われている。

【たんぱく質】体をつくる重要な役割をする栄養素。

こうして見るといいことばかりだが、ピーナツバターは大さじ1杯で100kcal近いとも言われるカロリーの鬼。ダイエット中の女子は見ただけで逃げ出しそうである。なので例えば朝食のトーストにバターの代わりに塗って食べるなど、少しだけ摂取することを習慣にするのがいいかと思う。

そしてこれは非常に重要なことなのだが、ピーナツアレルギーの症状は重篤なことになりかねないので、今まで食べたことがない人や、普段からあまりピーナツ製品を口にしない人はじゅうぶんに注意をしていただきたい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ