直火に叶うピザ焼きオーブンはないと断言する

884

石焼釜のあるピッツアを出す店が増えてきた。ちょっと焦げ目がついていたりしても「さすが本場の」とか思って納得してしまう。しかも「やっぱ、釜焼きだとおいしいわ」とか、ついつい言い放ってしまう。家ではオーブントースターで冷凍ピザを焼いていたとしてもだ。

そもそも家でプロ級のピッツァを焼くことが可能なのか?

おいしさの秘訣が直火であるのなら、それさえクリアできれば家でもじゅうぶんにウマいピッツァが焼けるのではないだろうか?と、ガスコンロを見る。でも、手間がかかる装備はしたくない。後片付けが面倒だからだ。いろいろめんどくさいので、いつものオーブントースターで…じゃ話が終わってしまう。

そこで試してほしいのがStovetop Pizza Oven(ガス火ピッツアオーブン)。15分の予熱で内部は約300度を超える。そこで好みのピッツアを入れて待つこと6分。石焼釜のコンセプトそのままに家庭用にしたStovetop Pizza Ovenから出てくるのは、見た目や匂いからして全く違う逸品だ。特売の冷凍ピザがピッツァになる瞬間だ。そのうち自分ちでピッツァパーティとか、家に気になる人を呼ぶとか妄想もふくらむ。

ただしこの手の製品は一回りすると飽きてきたりするので、他の料理に転用するなど意外と邪道な方向にいきがちでもある。

参照元:TOXEL.COM

この記事をシェア
0 0
記事のタグ