加ULCCスウープ、トロント発着避寒地路線を拡充 バラデロ線など

346

カナダの超格安航空会社(ULCC)、スウープ(Swoop)は来年1月11日からトロント(ピアソン)とキューバのビーチリゾート地であるバラデロを結ぶ季節定期便を開設し、最大週3往復で運航します。片道運賃は189カナダドル(約2万円)~。

カナダのロンドンから米国・メキシコの保養地へ

バラデロはカリブ海地域有数のビーチリゾートエリアであり、冬の寒さが厳しいカナダから一時的に逃れたいと考えている人々にとって理想的な目的地です。トロント(ピアソン)=バラデロ間は多くの航空会社が直行便を飛ばしていますが、ULCCはスウープのみとなります。

スウープは他にもカナダと海外の避寒地を結ぶ路線を拡充します。12月から東部オンタリオ州ロンドンとメキシコのカンクン、ロンドンと米国のオーランド(サンフォード)、トロント(ピアソン)と米国のフォートローダーデール、ハミルトンとフォートローダーデールを結ぶ路線を順次再開します。

トロントとクリアウォーター結ぶ直行便も運航へ

カナダのウエストジェット航空の子会社であるスウープは今夏までにトロント(ピアソン)と海外の人気観光地を結ぶ路線で増便を実施しました。カンクン線とラスベガス線は毎日、ジャマイカのモンテゴ・ベイ線とドミニカ共和国のプンタ・カナ線も週5往復以上運航しています。

スウープが今冬運航するトロント(ピアソン)発着路線のうち、フロリダ州のセントピーターズバーグ・クリアウォーター線は唯一他社と競合していないとみられます。便数は週2往復と少なめですが、名前からして魅力的な保養地に行ってみたいトロント市民には有難い直行便です。

<参考元>flyswoop

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ