凝りすぎじゃネ??と言いたくなるトースター

1111

私にはまるで理解できない。これを作った人は一体何を考えているんだ、と困惑してしまうのがこの「Toaster & Knife (トースター&ナイフ)」なのだ。トースター&ナイフは、読んで字のごとく、トースターとバターナイフのセット。まず、このトースターがひねくれている。どうひねくれているかというと、「食パンを中央で90度に折った状態で焼く」のだ。

つまり、焼き上がりが90度折れた状態になる。何のためにそんなことを?バターとジャムを半々に塗って、ワンタッチでサンドするためだ。もちろんピーナツバターとチョコスプレッドでもいい。

トースターに付属しているバターナイフが、これまた凝っている。2種類のものを塗るための特製品だ。Y字型になっていて、ナイフの部分が2つある。その2つを使い分ければ、バターの容器にジャムが入ったりしない、というわけ。

確かに、バターとジャムを両方塗ったトーストは美味い。それは知っている。だけど、そのためにこのトースター&ナイフを買う?私はちょっと凝り過ぎと思うのだが、皆さんどう思う?

この記事をシェア
0 0
記事のタグ