怖いもの無し、液体金属スマートフォン誕生

5035

今や持っていない人の方が少なくなっているスマートフォン。シーズン毎に新たなスマートフォンが誕生しているが、そこまで大きな変化はないのでは?と疑問を抱く人もいるだろう。基本的には機能の改善やカメラのクオリティー向上といったところだろうか。

しかし、今回ご紹介するスマートフォンはこれまでのスマートフォンユーザーの固定観念を良い意味で大きく裏切ってくれるものなのだ。その名も、「Turing Phone」。名前だけではどんなスマートフォンかはイメージしづらい。。

gigamen_Turing_Phone01

素材は液体金属

Turing Phoneの最大の特徴は液体金属合金(リキッドモルフィウム)でできているということだ。液体金属というと、映画ターミネーター2にでてくるT-1000をイメージしてしまう人も多いのではないだろうか。液体金属はチタンや鉄よりも強い素材の為、外部からの衝撃緩和にうってつけだ。

もう一つの特徴が強固なセキュリティが施されたいる点だ。エンドツーエンド認証システムがそれを可能にしている。各Turing Phoneは非常に複雑なTuringキーが内蔵されているので内部侵入を防ぐことができる。

Turing Phoneは3色から選ぶことができ、最大容量は128GBだ。

gigamen_Turing_Phone02

参照元:uncrate,

この記事をシェア
0 0
記事のタグ