ルルドの聖水から作ったアイスキャンデー

1132

昨年2月にロンドンで、母乳アイスクリーム「ベビー・ガガ」を発売したコベントガーデン地区にあるカフェ「アイスクリーミスト」のオーナー、マット・オコナーさんが、今度は聖水入りアイスクリームを発売し、話題になっています。

この聖水入りアイスキャンデー「ヴァイス・ロリー(Vice lolly)」は、オコナーさんによると、フランス、ルルドのサンクチュアリ(聖域)から、治癒力があると信じられている泉の水をリッターあたり、日本円で12000円で購入、それにアブサンを混ぜて冷凍し、ピストル型にしたもので、現在は「アイスクリーミスト」でのみ販売しているということです。

値段は18.58ポンド。日本円で2200円という高い値段ですが、それでもオコナーさんの話では、ひとつ造るのに30ポンドものコストがかかるため、限定生産、ボランティアで販売しているということです。

アブサンは風味をもたせるために混ぜたとしていますが、80%という濃さは、この「ヴァイス・ロリー」をほお張った際に舌に弾丸を撃ち込まれたような刺激を感じるかもしれません。

アイスクリームを通じて悟りを得、自らを「アイスクリーム・エヴァンゲリスト」と呼ぶオコナーさんは究極のスピリチュアルなリフレッシュメントを造ることができて本当にうれしい、と述べています。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ