ベトナムLCCベトジェット、名古屋・福岡・鹿児島に乗り入れへ

765

ベトナム旅行に行きたい愛知・福岡・鹿児島県民に嬉しいお知らせがあります。格安航空会社(LCC)のベトジェットエアは1月、ベトナムの3大空港と名古屋の空の玄関口・中部国際空港、福岡空港、鹿児島空港を結ぶ5路線を年内に開設すると発表しました。

名古屋からベトナム3都市に格安運賃で行けるように

ベトジェットはハノイ、ホーチミンシティ、ダナンと名古屋(中部)を結ぶ路線を年内に運航開始するとしています。中京圏からベトナムの首都、ベトナム最大の都市、ベトナム中部のリゾート都市まで格安運賃で行きたい旅行者には本当に朗報です。日本と同じように南北に長い国と名古屋(中部)を結ぶLCCは1月末の時点で存在しません。

ベトジェットはハノイと福岡、鹿児島を結ぶ路線も開設する予定です。福岡からハノイへ向かう旅行者は「LCC」という新たな選択肢を手にすることになります。また、ベトナムと鹿児島を結ぶ航空会社はなく、九州南部からベトナムまでの旅行時間が大幅に短縮されます。

ネットワークを拡大するベトジェット、今冬の動きは

既に東京(成田・羽田)と大阪(関西)に乗り入れているベトジェットはベトナムのハノイとホーチミンシティを拠点にネットワークを拡大し続けています。今冬はホーチミンシティとタイのパタヤを結ぶ路線を開設しました。ベトジェット便を乗り継いで東南アジアの観光都市を周遊してみませんか。

参照元;vietjetAir

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ