海と砂漠で過ごす冬! 欧州LCCがウィーン=エイラート線を運航へ

1006

日本直行便が発着するウィーンからイスラエルの温暖な観光都市エイラートを訪れてみませんか。中東欧を代表する格安航空会社(LCC)のウィズエアーは11月17日からオーストリアのウィーン国際空港とエイラート近郊のオブダ空港を結ぶ季節運航路線を週2往復で開設します。

サンゴ礁と砂漠、全く異なる魅力に出会える。

エイラートはイスラエル最南端の都市で、オブダ空港はエイラートの北60キロにあります。オブダ空港と欧州の空の玄関口の一つであるウィーン空港を結ぶ直行便を運航するのはウィズエアーが初めて。冬スケジュールは欧州からイスラエルの温暖な観光都市への旅行需要が高まり、複数の航空会社が欧州各地とエイラートを結ぶ路線を季節運航しています。

エイラートはエジプト、イスラエル、ヨルダン、サウジアラビアに囲まれたアカバ湾の最北端に接しています。アカバ湾沿岸には海水浴場があり、海に潜ってサンゴ礁を見ることができます。エイラートの北30キロには砂漠の風景を楽しめる名所、ティムナ渓谷が広がっていて、世界中から訪れる旅行者は沿岸部と内陸部で全く異なる魅力に出会えます。

ウィズエアーのウィーン発着路線拡充は続く。

ウィズエアーはウィーン=エイラート直行便を週2往復(火・土)で運航します。フライトスケジュールは次の通り。ウィーンを6時に出発し、エイラートに10時45分に到着。エイラートを11時25分に出発し、ウィーンに14時35分に到着します。中東欧を代表するLCCはウィーン発着路線の拡充を進めていて、来年2月からはリスボン線など3路線の開設が決定しています。

参照元;wizzair

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ