欧州LCC三社、ロンドン・ガトウィック発着路線を続々開設 今秋

2094

欧州の格安航空会社(LCC)であるウィズエアー、イージージェット、ノースアトランティックUKは今秋からイギリス第二の空港、ロンドン中心部の南約50kmに位置するガトウィック空港発着路線を続々と開設します。目的地は欧州、アフリカ、カリブ海地域と多岐にわたります。

アイスランドのアークレイリ線が季節運航開始へ

ウィズエアーは10月31日からロンドン(ガトウィック)とチェコのプラハを結ぶ路線を週6往復、ロンドン(ガトウィック)とエジプトのフルガダを結ぶ路線を週3往復で開設します。フルガダは世界中からダイバーが集まる紅海沿岸に位置し、エジプトの伝統的な街並みが広がっている都市です。

英国のイージージェットは10月31日から来年3月までロンドン(ガトウィック)とアイスランドのアークレイリを結ぶ路線を週2往復で運航します。フライト時間は約3時間。ロンドンとオーロラ鑑賞、スキー、温泉が楽しめるアイスランド北部の都市を結ぶ直行便は他に存在しません。

ロンドンから格安運賃でカリブ海地域2地点へ

ノースアトランティックUKは12月1日からロンドン(ガトウィック)とジャマイカのモンテゴ・ベイ、東カリブ海の島国バルバドスを結ぶ季節運航路線を開設します。冬の寒さが厳しいロンドンを脱出し、温暖なカリブ海地域でのんびり過ごしたい人には魅力的なフライトです。

ウィズエアーやイージージェットに比べると聞き馴染みが薄いかもしれないノースアトランティックUKは今冬、ロンドン(ガトウィック)と米国の大空港、カリブ海地域を結ぶ大西洋横断路線9路線を運航します。

<参考元>wizzair.com

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ